彼女が欲しいならお金や顔ではなく達成能力を狙え!アピール能力を磨けば彼女はできる! RMM15


RMM15

こんばんは!
ローションは汚れてしまうのでラブホテルかプロのお店でのみ利用しているラビット・ペロ平です。

彼女とローションプレイをした自宅での日々・・・とても気持ちがいい体験ができましたが、布団がベトベトになり・・・手の施しようがなかったです(悲)
ああ・・・また出費が・・・

それにしてもローションって偉大な発明品ですね!
あんなに手軽にヌルヌルできたら、ペロ平のように病みつきになっちゃう男女も多いんじゃないんでしょうか?

ただし、1人で処理するとき・・・ローションは禁物!
一度、入ってしまったら病みつきになりすぎて、出られなくなっちゃいますよ!

さて、今日もタメになる恋愛テクニックを学びましょう。

今日は女性へのアピール方法を教えます。

彼女が欲しいならお金や顔ではなく達成能力を狙え!

あなたの誇れるアピールポイントは?

以前のRMMで男性には「自信」が重要な意味をもつ。
そんな話をしました。

コンプレックスを克服し、自信を手に入れる。
それは大切な事です。

「自分は何の魅力も自信もないダメな男なんです・・・」
「ペロ平さんみたいに、エッチなことに強い拘りもないし・・・」
そんな声が聞こえてきそうですね。

今回は、以前より踏み込んだ自信の持ち方を紹介します。
その方法は自分の中にどんなアピールポイントがあるのか?

これを書き出すようにしましょう。
できれば、以下にあげた6つのキーワードを参考にしてみてください。

・リーダーシップ能力
・運動能力
・娯楽的能力
・知的能力
・達成能力
・経済能力

今、ペロ平が書きだした6つのキーワード・・・何が重要だと思いますか?
少し考えてみましょう 

勉強ができる小学生はなぜモテない?

小学生の頃って勉強ができるクラスメイトよりサッカーがうまいとか、走るのが速い男の子がモテましたよね。

逆に、勉強ができる男の子って憧れの目で見られますが、それほど小学生女子に人気はなかったと思います。

委員長キャラとかそうですね~

当時子供だったから恋愛や結婚なんて真面目に考えているようで考えていなかった。
一理ありますが、もっと根本的な理由があります。

それが、さきほど挙げた6つのキーワード。
どのアピールポイントが強いかは年齢や場所によって異なるのです。

結果として、中学生になり、高校生になると「運動できる男子」と「勉強できる男子」立場は大きく逆転します。

少しずつ成績の良い男の子がモテだしていきます。
その傾向は社会人になるにつれ、強くなっていくでしょう。

これは小学生の頃は「運動能力」が強いアピールだったのに、大人になるにつれ、「知的能力」のほうが強いアピールに見えていくのです。 

あなたはどれでアピールする?

あなたは6つのキーワードがどのように埋まったでしょうか?
運動能力が強い人もいれば、リーダーシップ能力や娯楽能力に自信がある人もいるかもしれません。

場合によっては、何も埋まらなかった人もいるでしょう。

(自分には何もアピールできるモノがない)
(こんな自分が彼女欲しいなんて・・・)

そう落ち込むことはありません。
学歴がなくても、運動能力がなくても、ユーモアーがなくても、リーダーシップ能力がなくても女性への強いアプローチは可能です。
それは「達成能力」をアピールすればいいのです。

モテる人間ほど、学歴や経済力、顔の作りをアピールしがちです。
しかし、女性にもってもアピールが働くのは「達成能力」
自分が今まで何をしてきたか?

ここに彼女が欲しい人たちが付け入る隙があります。
実際にラビット・ペロ平も学歴や経済力、顔の作りに自信はありませんが、「達成能力」をアピールし、女性と気持ちがいい関係を結んできた実績があります!

女性が「夢を追いかける男性ってステキ♪」というセリフがありますが、これは達成能力をアピールし、モテに活かした恋愛テクニックなのです。 

達成能力をアピールする具体的な方法

例えとして・・・
「ボクにはやりたい事があって、実際にこれだけのことをやってきたんだ・・・」
ちょっと自慢話のように聞こえますが、こんな話し方をするだけで達成能力をアピールできます。

何もないという人は「これからチャレンジする事」をアピールしましょう。
さきほどの「夢を追いかける男性ってステキ♪」というセリフを引き出すのです。

もちろん、ただ夢を追いかけるだけでは意味はありません。
「実際にこれだけ達成してきた」・「これから●●を達成する」
これであなたのアピールは確実に上がるはずです。

ラビット・ペロ平の一言

恋愛というのは1つの市場です。
市場では自分を売り込み、アピールする必要があります。

就職活動や営業活動のようなものです。
自分はロクな大学を出ていないので・・・
こんな会社の商品が売れるとは思えない・・・

そんな就活生や営業マンが結果を残せるでしょうか?
運よく結果が出ても長続きするでしょうか?
もちろん、でません。

自信がないのに、「彼女が欲しい」、「モテたい」というのはやる気のない就活生や営業マンのようなもの。
相手の女性に甘えているだけです。

・学歴に自信がないといいますが、高卒・中卒で立派に社会貢献している人もいます。
・会社をバカにしていますが、今の会社を選んだのはあなたです。

雑巾を絞り出すように自分の中の自信を絞り出さない限り、恋愛というスタート地点に立てません。

ラビット・ペロ平の紹介するRMMを使えば「彼女が欲しい」という願いを叶えるのは簡単です。

しかし、好きな人と結婚し、子供を作り、素晴らしい家庭を築くのはできません。
自信がないのなら、今から作り出すように何かを始める。

資格の勉強でもスポーツでもボランティアでも構いません。
過去の自信がないのなら、未来の自信を手に入れましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする