出会いがないなんて言い訳に過ぎない!焦るな・立ち止まるな! RMM16-出会いとカフェテリアの関係


こんばんは!

TSUTAYAで借りたDVDを結局見れず、そのまま返却しなければならない・・・

ラビット・ペロ平です。

 

知っていますか?

やきもち焼きの性質の人って、性的願望が強いタイプでもあるんです。

つまり、やきもちを焼く人って浮気願望が強い。

それが言えます。

 

心理学には投影という自分の気持ちを相手に重ねてしまう部分があります。

やきもちを焼く人は、自分が浮気したい気持ちを相手に重ね、恋人に浮気を疑う。

結果としてお互いの信頼関係にひびが入り、本当に浮気に走ってしまう。

 

なんとも皮肉な結果ですが、恋愛の心理法則って本当に面白いですね!

だからこそ、何冊も恋愛ハウツー本を読んだり、生の女の子と恋愛やエッチが楽しいんですね!

 

今日も楽しいRMMの授業を始めていきます!

●出会いがない人はどうすればいい?

恋愛相談をしていると、「出会いがないからしょうがない・・・」

そんな人がいます。

たしかに出会いがなければ、どんな恋愛テクニックを持っていてもメロメロにすることはできません。

どんな魅力的な女の子がいても知り合えなければ意味がない。

そんなときはどうすればいいのか?

この質問に対する答えは「カフェテリアの実験」が使えます。

これはネズミを使った心理実験です。

ネズミの前にありとあらゆる食べ物を置いておきます。

まるで食べ放題のカフェテリアやビッフェのような感じをイメージしてください。

 

当然、お腹が空いているネズミは自分の食べたいモノだけを好きなだけ食べます。

これは短期的な話。

 

長期的に見ると、ネズミは自分の好きな物だけでなく、栄養バランスが素晴らしい食事を求め、自分から食べ始めたのです!

 

これは子供を使った実験でも同じです。

生き物の身体は、栄養に関する基礎知識が組み込まれています。

 

料理や栄養学の知識がなくても、食べ物がありさえすれば偏食を起こさないようにDNAにプログラムされているのです。

それでは「カフェテリアの実験」から何が言えるのか?

あわてん坊の読者もいるようですが、もう少し食べ物の話をひっぱります。

 

それでは人の好き嫌いはどうして起こるのか?

それは習慣や記憶の結びつきです。

 

親が嫌いな人参を子供に与えなければ、おそらく人参が嫌いに育ちます。

また、牡蠣が好きだったのに、腹痛を起こし、味が嫌いになった。

それは記憶の結びつきにより毒物だと思われたのです。

 

つまり、食べ物に関して人は特定の事情がなければ偏食しない。

それが「カフェテリアの実験」の真の意味です。

 

偏食と聞くと、食べ物だけに思われますが、違います。

恋愛や人間関係にも同じことがいるのです。

恋愛に限らず、人は自分にとって最高の幸せになる人生を常に探しています。

そうでないと生まれてきた本当の意味が見つからないです。

 

しかし、大きな挫折を味わい、夢を失うのも人生です。

挫折が生まれると、知らず知らずのうちに行動範囲を狭め、偏った世界で生きるようになります。

本当はもっと素晴らしい世界で活躍できる素質をもっているのに・・・

 

恋愛で「出会いがない」というのは、「やりたいことが見つからずやる気が出ない」という就活生やビジネスマンと同じ。

 

それは本人の気持ちという考えもありますが、自分の中で限られた世界で生きようと苦しめているのです。

 

目の前にレタスしかなく、我慢して食べてる。

栄養が足りないわけではないけど、誰かが運んできてくれないから今のままでいい。

それが「カフェテリアの実験」の真の恋愛テクニックです。

 

自分が限られたカフェテリアにいるなら、偏食の世界から抜け出さないといけません。

食べ物が少ない場所は本当のカフェテリアではありません。

 

狭い世界で一生を終えてもいいですが、それでは本当に欲しいものが手に入りません。

怖くても、勇気を出し、自分から必死に知らない世界を求めて、走りださないといけません。

 

異業種の交流会やカフェやバーに出かけて、知らない人と話をすれば自分の世界が広がります。

 

知らない人と話すのは緊張するし、話が合わなかったり、雰囲気の悪さに怖気づいたりするかもしれません。

それでもずっとレタスだけを食べるより、何か別の食べ物を求めて歩き出す必要があります。

 

もちろん、自分を強引に追い詰めるだけが方法ではありません。

11回、新しい小さな世界を見つけるだけでも効果があります。

 

普段行かない駅で降りたり、洋服屋さんに出かけたり、ランチのお店を変えてみるのもいいでしょう。

もちろん、普段頼まないメニューを選ぶのもいい冒険です。

 

おススメなんが本屋さんです。

買わなくても、読まなくても普段自分に馴染みがない本の表紙を眺めるだけでもいい刺激になります。

図書館や本屋は行くだけならお金がかかりません

 

恋愛に限らず、仕事も人生も焦る必要はありません。

ただし、コツコツと大切なことを積み重ねないといけません。

 

詐欺に合う人の多くは、いきなり欲求を満たされると勘違いされるから痛い目に合うのです。

 

重要なのは焦る必要はないが、止まってはいけない。

とにかく、二度とこない11日を充実した気持ちで過ごす必要があります。

「カフェテリアの実験」はそれを教えてくれているのです。

それを思えば、出会いがないなんて考えにはなかなかならないですよね!!

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする