方向感覚を狂わせ女性の不安感を煽げ!ただし自分も迷子になったらカッコ悪いですよ~RMM34


RMM34

 
おはようございます!
ラビット・ペロ平です。
 
昨日は加藤鷹さんのトークイベント取材で六本木に行ってきました!
セレブが多く暮らす六本木。
当たり前ですが、埼玉県とは雰囲気が全然違います。
 
オシャレなお店が多く、歩いていて方向感覚がなくなるような気がしました。
まだまだ田舎者のラビット・・・
こんな都会を颯爽と歩けるようになりたいですね!
 
今日はそんな「方向感覚」に関するRMMです。
方向感覚を上手に活用すれば、恋愛で女性をリードできます。
 [ad#co-1]

方向感覚を狂わせ女性の不安感を煽げ!

 地図を読めないオンナは本当?

 
「道に迷う」という事が自分の中で死語になっているラビット・ペロ平。
スマートフォンでグーグルマップを出せば、初めての場所でも迷うことはない。
10年前のガラケーの時代と比べると、すごい便利になりました。
 
そうは言っても女性って、地図が読めなかったり、道に迷ったりする人が多い気がします。
方向音痴の男ってあまり見かけませんが、女性はよく見かけます。
 
目的地と反対方向に歩き出す恋人未満の女性が過去にいました。
もう会っていないので改善されたかわかりませんが・・・
 
そういえば、10年くらい前に「話を聞かない男・地図を読めない女」という本がベストセラーになりました。
 
女性は言語能力が優れ、口喧嘩をしても言い負かされることが多いんですが、空間把握能力が劣る。
そんな内容でした。
もちろん、すべての女性が方向音痴なワケではありません。
男性の方向音痴もいるでしょうからあくまで一般論や雑学程度の範囲で考えてください。
 

●女性の方向音痴をどう応用する?

 
多くの心理学者が認める「女性の方向音痴」。
それは知らない場所に連れて行けば、手をつなぎやすくなります。
 
過去のRMMでも紹介した「ラブホに誘うテクニック」。
そこで重要になるのは「手を握る事」。
手を握り、自分が力を入れて、相手も力を入れたら、体裁よくホテルに誘う。
ざっくばらんにいえば、そんな恋愛テクニックです。
 
初デートで知らない場所に連れだせば、女性が先に方向感覚を失います。
そうなれば「コッチが駅だよ~」と自然に手を握ることができます。
 
ここで大切なのは下心を見せてはいけません。
下心を隠しつつ、軽いスキンシップができる素晴らしい作戦です。
相手の様子を見ながら、ホテルに誘う計画を立てるのも良いですが、最初は手を握る行為を楽しみ、時間が経ったらホテルに誘いましょう。
 

●男にはわからない強い不安

 
学生時代に男友達と待ち合わせをしている時、時間を守らない男は多いんですが、道に迷ったという人は少ない気がします。
友達がいるなんて、かなり遠い昔ですが・・・
 
・テーマパークでデートしたときも女性が先に方向感覚をなくし、地図をにらめっこしたり、次に乗るアトラクションを案内させたりする。
 
・入口で見取り図を見たら、なんとなく全体図が頭に残る自分と違い、すぐに自分がどこにいるのか分からなくなる。
 
男ならいくつかの目印を頼りに、だいたい自分が今どこにいるのか?
見当がつくんですが、女性は先に方向感覚をなくすような気がします。
 
方向感覚をなくすというのは「かなり不安」です。
子供の頃に迷子になった時の不安な気持ち。
それに近いのかもしれません。
 
男だって山や海で遭難したらパニックになるはず。
スキューバダイビング中に手違いにより海に置き去りにされた夫婦を描いた「オープンウォーター」はとても怖かった・・・
女性はそういう不安を感じやすいのです。
 

●恋愛テクニックへの応用

 
不安を感じた女性は、誰かに頼りたくなります。
頼るべき相手がいないと、不安な気持ちが消せないから。
それはたいてい、身近な相手になるわけで、この場合はデートしている男性です。
これが恋愛感情を高めてくれるんですね♪
 

●ラビット・ペロ平の一言

 
今回紹介した恋愛テクニックはいろいろな面で応用がききます。
初デートはもちろん、ホテルの誘い方、マンネリになったカップルへの刺激・・・
いろいろな応用が可能でしょう。
ただし、女性をやみくもに怖がらせるのは問題です。
不安にさせる気持ちが強すぎると、頼られるどころか嫌悪感を抱いてしまうかもしれません。
物騒な裏路地やホテル街を歩くのはやめた方がいいでしょう。
そういった場所は時間をかけて、関係を作ってからにしましょう。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする