エネルギーがないなら貯めることを考えましょう! RMM35


RMM35

 
おはようございます~
ラビット・ペロ平です。
 
現在、午前1時を回りました。
3度寝くらいを経て、頭がふらふらになりながらブログを書いています。
眠くて仕方がないときは本当にエネルギーがないから不思議です。
「寝貯め」ってないとは聞きますが、実感としてはある気がします。
 
身体の疲れは取れていないかもしれませんが、頭がスッキリするなら良いでしょう。
書いていると、頭を使うのでスッキリしてきました。
今日はそんなエネルギーに関する恋愛テクニックを紹介します。
  [ad#co-1]
 

エネルギーがないなら貯めることを考えましょう! 

 

女の子を口説くにはエネルギーが必要

 
人間の身体は何かするのにエネルギーがいります。
呼吸をするのはもちろん、食事や睡眠など休んでいるようなときでもエネルギーが必要です。
もちろん、女の子を口説いたり、戦略を練ったりするのもエネルギーが必要です。
むしろ、自分の欲求に忠実になる分、エネルギーの消費は高くかるかもしれません。
女の子と遊ぶときはエネルギーが満タンな時が理想です。
少なくとも、自分にエネルギーが残っていなければ、戦うよりむしろ貯める事を考えましょう。
 
睡眠不足や仕事のストレスでエネルギーがゼロなら、女の子に合わないようにする。
それくらいの考えでいましょう。
 
もちろん、状況によって変えていく事も必要です。
仲間に突然、合コンに誘われたり、道を歩いている時どうしてもデートに誘いたい女の子を見つけたりすれば話は別です。
 
それでもエネルギーの補給は行いたいですね。
合コンであれば、当日の夜まで疲れすぎないように仕事を調節するなど心に配慮しましょう。
 

身体が疲れると戦えません

 
合コンをはじめ、女性を口説くことは戦いです。
戦いに必要なのはパワーでも戦略でもありません。
自分の能力を100パーセント出し切れる身体が必要になります。
 
身体が疲れ、思うように動かないと、どうしても皮肉っぽい発言が増えます。
また、女の子の行動1つ1つが目につき、八つ当たりの矛先を探そうとする困った癖もでてきます。
 
怒りっぽくなったり、会話が減ったりするのは、男としてエネルギー不足の状態です。
そうなるとロクな事がありません。
 
まるで神様が頭のうえでチェックしているかのように運気が落ちていきます。
仕事が忙しくて、周囲の人に当たり散らし、関係が悪化する。
さらに、財布を落としたり、自転車でコケたり・・・
疲れていると、良いことなんてまったく起きません。
 

よく見かける余裕のない男

 
ドンキやマクドナルドではたまに怒鳴っている人を見かけます。
ほかにも電車が遅れたり、止まったりすると説教をしたり、怒鳴ったりする人がいます。
ラビット・ペロ平の偏見かもしれませんが、そういう人って男性が多い気がします。
 
女性が大声で怒鳴り散らすのはあまり見かけませんね。
(レジクレームは多いですが・・・)
 
それは女性が育った環境にもよるでしょう。
男以上に叱られたり、文句を言われたりするのに敏感な環境で育ったからです。
 
実際に航空管制官として働く職員の男の仕事の忙しさと、その妻の満足度を調べたら、忙しい時期ほど妻との会話が減り、関係が悪化したという。
 
不用意な発言や行動が女性の気に障るのは頭ではわかっている。
もし、あなたが友達から突然ナンパや合コンに誘われた・・・
 
出会いはたしかに重要かもしれませんが、自分の心にエネルギーが残っていないなら誘われても参加しない。
そういう選択をするのも方法の1つです。
 
自分の限界を知る
 
大切なのはあなたの心がもつエネルギーやスタミナがどれくらいか?
自分の限界を知りましょう。
 
「自分の限界を超える事が大切!」
そんな少年漫画風のセリフも自分を高める意味で、大切なことですが・・・
自分の限界を知り、休むのも大切です。
1年365日24時間、寝ているときも食事をしているときも恋愛の事ばかり考えるのはツライでしょう。
 
今日は口説く事やエッチすることを考えず、TSUTAYAで過去の名作をチェックする。
一日中、部屋の掃除をする。
こういう日を作るのも悪くありません。
 

ラビット・ペロ平の一言

 
女性を口説き、恋愛するのも大切な事は「惰性」にならない事。
あなたが行動すれば、それは経験値になり、人間性や恋愛に良い影響を与えます。
しかし、それを目的にするのは本末転倒。
 
あなたの目的は100人切りを達成することでも、女性に慣れることでもありません。
自分の心を許せる大切な恋人や結婚相手を見つけるのが理想のはず・・・
そうした意味でエネルギーを貯める時間も大切な「口説きの時間」
 
今日な疲れて、エネルギーが足りないな・・・
そう思ったら、ナンパやデートに行かず、家でゆっくりするのも戦略やテクニックの1つ。
 
あなたが疲れた顔を見せれば、女性はさらに疲れ、楽しい時間なんて過ごせません。
女性を楽しませるために、今日はぐっすり休みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする