RMM41 付き合う前の初デートで大切な3要素とは?


RMM41 

 
こんはんは!
ラビット・ペロ平です。
昨日のブログは「初デート」について紹介しました。
 
今日もその続編です。
もちろんテーマは「初デート」。
初デートの恋愛テクニックをマスターし、恋人づくりの第一歩に努めましょう!
 

付き合う前の初デートで大切な3要素 カフェで何を話します?

 

待ち合わせは早く行く? 遅れていく?

無事に初デートの日程と取り付けたあなた。
いよいよ楽しみな初デート。
 
あなたは初デートの日、彼女より早く待ち合わせの場所に行きますか?
それとも遅れていきますか?
 
・待ち合わせより前に着いてるなんて余裕のない男のする事!
・時間にルーズな人間なんで・・・
こんな事を考えているようでは初デートの失敗は明らかです。
そんなプレイは100万年早いと覚えていきましょう。
 
恋愛であってもビジネスシーンの待ち合わせと同じ。
遅刻は絶対に許されません!
 
ビジネスシーンの待ち合わせは電車の遅刻であっても許されない事があります。
電車が遅れました・・・は一見すると納得してしまいそうですが。
 
それなら電車が遅れる時間を考慮して早く出ろ!!!
そう言われるとどうしようもありません。
 
遅刻するという事は相手への罪悪感や後ろめたさもあって低姿勢になります。
女性目線で考えて低姿勢で初デートに臨む男に惚れると思いますか?
 
答えを言うと待ち合わせは基本的に5分前行動
相手も5分前行動を実施するなら、10分前行動を心がけましょう。
女性より早く現場に登場するのが重要なのです。
 
先に到着することで気持ちの余裕が大きくなり、遅れてくる相手にニコニコと対応できます。
少し遅れてきたのに、笑顔で対応してくれた・・・
女性からの印象は格段にアップするはずです!
 

初デートの会話は何を話す?

無事に待ち合わせを済ませたら、次に行うのは会話です。
カフェでもファミレスでも楽しい会話を提供できないようでは初デートは失敗です。
 
まず、 「相手に多く話させ、自分は聞き役に徹する事」を意識しましょう。
人は話を聞いてもらうことを快感に感じます。
 
カウンセラーやセラピスト、キャバクラ嬢など会話を売りにする仕事は自分からしゃべる事は稀なはず。
お客さんに話をさせることで、施術やサービスを行いやすくするのです。
初デートはお互いに緊張するもの。
 
そんな状況で相手が話を聞いてくれるというのは心地がいいモノ。
「もっと話を聞いてほしい」という気持ちが次のデートに繋がるのです。
 
しかし、会話であれば何でもいいワケではありません。
会話の中で「恋愛」の要素を多く入れるようにしましょう。
 
・理想のデートって何?
・海と山だとどっちでデートがしたい?
・あそこの人たちってカップルかな?
・内面が素敵な男性ってどんな人?
こんな一例を挙げることができます。
 
内容はあなたが話しやすいものであれば何でもいいです。
もし、無難な会話で1時間が終了すれば恋人として見られず、男友達として認定される恐れがあります。
 
話すのが楽しいけど、ドキドキしないし、無害そうだし、恋愛対象じゃないかな?
そうなると2回目のデートはありえないでしょう。
 
しかし、恋愛の要素が会話に加われば多少のロマンティックさは増します。
相手と楽しませるという意味ではビジネスシーンの接待と同じですが、ドキドキ要素がなくては恋愛に発展しないのです。
 

初デートの成功は誰が判断する?

初デートの成功は誰が判断するでしょう?
もちろん、それは女性です。
 
女性が次のデートでOKを出さないのであれば、初デートは失敗です。
出会いから連絡先の交換までいろいろやってきたのに・・・すべてが水の泡。
しかし、もう1人初デートの成功を評価する重要なキーパーソンがいます。
それがあなた自身です。
 
いいデートかどうかはあなたは女性を見て、判断しようとしますよね?
しかし、女性も同じ。
女性がいいデートかどうかは、あなたの姿を見て判断するんです
 
・デート中に楽しそうに会話をしていたか?
・背筋を伸ばして、自信をもって話しをしたか?
・自分の会話に興味を持ってくれたか?
 
この人はこんなに楽しそうにしている・・・
だからこの初デートは成功なんだ!
 
あなたが女性を見て、楽しそうにしているか?
そう判断するのではありません。
全てを決めるのは女性に見られているあなたの行動なんです!!

ラビット・ペロ平の一言

過去のRMM(恋愛テクニック)で「ラブホテルへの誘い方」がありました。
この方法は今回教えた「初デート」でも使えます。
 
初デートはカジュアルなファーストフードのような気軽さが売りです。
ただ、短い時間でも親密な関係を築く人たちもいます。
それならラブホテルに行って、より濃厚な時間を過ごすのも選択肢としてアリです♪
 
もちろん、ホテルに誘うのは2回目のデートが基本。
近いうちに2回目以降のデートテクニックを紹介したいですね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする