RMM44 誰でも簡単 5つの話題で女性へのフィーリングアップが可能!


RMM44

こんばんは!
ラビット・ペロ平です。

今日もモテない男性に役立つ恋愛テクニックを紹介していきます。
ぜひ、ラビット・ペロ平と一緒に恋愛テクニックを学び、素敵な恋人をゲットしましょう!

今日、紹介する恋愛テクニックは「フィーリング」について・・・
相手を肯定し、気を合わせていくテクニックです。

デートの誘い方や告白、恋人同士になったその後・・・
いろいろな状況で活用できるのでぜひ習得しましょう!!

誰でも簡単 5つの話題で女性へのフィーリングアップが可能!

「馬が合う」はフィーリングが合う事

よく同じ趣味や考え方の人を「馬が合う」「気が合う」と表現します。
これは別の言い方をすると「フィーリングが合う」という意味にもなります。

恋愛上手なモテる男性はこのフィーリングの合わせ方が上手です。
恋人が欲しい人にとって重要なチェックポイントですね。

モテる男性の特徴を挙げていきます。
話好きの女性が話すとき、熱心に聞き耳をたてるし、無口な女性はじっと目を見つめます。

大事なのは自分中心になるのではなく、相手のフィーリングに合わせる努力をする。
この努力が女性の心にジーンと胸にきて、素敵な女性と関係を結ぶことができるのです。

すぐにできるフィーリングアップ術

こうした女性へのフィーリングは経験が必要です。
みなさんは女性へのフィーリング術は得意でしょうか?

え!
あまり得意じゃない!?

大丈夫です!
ラビット・ペロ平は100を超える恋愛テクニックを操る男。
誰でも簡単にできる女性へのフィーリングアップ術を心得ています。

それがYes話術のテクニック。
内容は「相手が肯定する話題」を提供し、「ハイ」と言わせる事。
女性と話すときは、5つ以上の話題を用意したいですね。

例えば「天気」に関する話。
「今日は天気がいいですね~」と天気に関する話題を振れば、相手は「ハイ」と言わざる負えません。

外が晴れているのに、「雨が降ってますよ」なんて変は答えを言う女性はいないはず。
それがあれば、よほど嫌われているとも取れますが・・・
特にかくそういう天気であれば、相手の女性は必ず「ハイ」というでしょう。

次にチェックするのはファッションについて。
白いスーツを着ていれば、白が好きだったり、白いスーツが好きだという事。
学校の制服じゃないので、わざわざ嫌いな恰好を選ぶことはないでしょう。

「白いファッションが好きですか?」
と聞いてあげれば、当然のように・・・
「ハイ」とうなずくはず。
大事なのは「ノー」と否定する材料を会話に入れないことです。

ファッション以外には子供や食べ物、ペットや話題の映画など話題に困ることはありません。
アダルトな内容は嫌煙したほうがいいですが、女性が安心して会話を弾ませるモノなら内容は問いません。

明るい話題や雰囲気のほうが女性にとって好感度はアップするはず。
わざわざ落ち込ませるような感じで話さないほうが無難です。

「嫌ですよね?」
と気分が滅入る言い方で聞かれると、答えは間違っていなくても雰囲気は悪くなります。
雰囲気が悪くなれば、あなたへの好感度もぐっと下がるので注意しましょう。



Yes話術の恐ろしさ

Yes話術の真骨頂はここからです。
人は何度も「ハイ」と肯定すると、相手の要求を断りにくくなってしまいます。

さっきまで何度も肯定してたのに、いきなり断るなんて・・・
そんな心理が働き、相手は要求を受け入れやすくなります。

気心が知れた女性なら別ですが、口説こうと思っている女性になるべく「ハイ」と言わせるのもこれが狙い。

5つも肯定を繰り替えきたので、次の質問にも「ハイ」と答えないと違和感を覚えます。
連絡先を交換したり、デートに誘ったり、告白したり・・・

内容は様々。
便利なテクニックなのでぜひ活用したいですね。

Yes話術は誰にでも出来る簡単な恋愛テクニックです。
しかし、言葉や話題の引き出しがないと相手に不愉快にさせる恐れがあります。

せっかく相手が可愛らしいバックを持っていて、それを褒めようとした。
しかし、バックのブランドがわからず、女性が白けてしまった。

基本的に女性は男性にファッションやブランドの事をそれほど求めません。
しかし、誰もが知っている常識の範囲内のファッションやブランドを知らないとなると女性への好感度は一気に下がります。
Yes話術は話題を注意しないと墓穴を掘る恐れがあるのです。

ラビット・ペロ平の一言

大事なのは、女性が何について話したいのか?
会話の中で見極める事。

天気の話題は便利ですが、そんな当たり障りのない話題ばかり提供しても女性はつまらなく感じてしまうはず。

仕事、趣味、人生観、好きなブランド、マイブーム、甘いお菓子・・・
女性には話したい話題が必ずあります。

会話の中から見つけ出す努力をする。
Yes話術では相手の話した内容を頭の中で因数分解する癖を身につけましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする