RMM47 女性と楽しく会話するのは事前準備が必要


RMM47 女性と楽しく会話ができる恋愛テクニック①

 
おはようございます!
ラビット・ペロ平です。
 
今日は井之頭公園で異業種交流会のお花見が開催されます。
知らない人と会うのはちょっと緊張しますが、楽しみでもあります。
 

井之頭公園の桜

 
ライターとしての仕事の幅が広がるかもしれない・・・
自分と知らない価値観を持っている人がいる。
埼玉から東京に遊びに行ける・・・
 
そう思うとちょっと知らない人と話すのも楽しくなりませんか?
知らない人と話すのは恋愛も同じ。
 
女性とは何を話せばいいのかわからず、固まってしまう。
恋愛初心者や童貞の方はそう思ってしまうのではないでしょうか?
 
そんな女性と話すのに困ってしまう人に「女性と楽しく会話」ができる。
恋愛テクニックを今日から紹介していきます。
 

女性と楽しく会話するのは事前準備が必要

 

まずは楽しい会話の流れを作る

 
今では女性と話すのにそれほど緊張しないラビット・ペロ平。
そんな自分も高校生や大学生の頃は、女性と話すのは緊張の連続!
「おはようございます」と挨拶するのもダメでした。
 
それではいけないと、風俗など女性がいるお店に通っては「楽しい会話」を意識しました。
そのおかげで、風俗のお店で働くお姉さんを口説き、恋人にするまでに成長しました!
 
その時、思ったのは少しずつでも「女性と話す経験」を積む。
また、「会話の流れ」を作っている。
この2つが重要だと感じました。
 
今日、ピックアップするのは「会話の流れ」です。
女性を口説くのであれば、「楽しい会話の流れ」をいかに共有できるか?
それが成功の鍵になります。
 
好きな女性を口説きたい・・・
それはわかっているけど、緊張し、テンパって、何を話せばいいのかパニックになる!?
そんな状態で告白してもうまくいかないでしょう。
 

具体的に何を話せばいいの?

 
女性と楽しい会話をするには、相手が答えやすい質問を準備しておきましょう。
例えは、以下の通りです。
 
・出身地はどこ?
・仕事は何をしてる?
・好きな食べ物は何?
 
女性が答えやすく、初めて会った人でも教えて大丈夫な質問を用意しましょう。
・今日は凄いたくさん人がいますね~
・あそこの料理が美味しそうですね
・天気が晴れてよかったですね
 
このように、「その場でお互いに目に入るモノ」を会話の種にするのも有効です。
女性が目に入ったモノなら、なんらかの感想や反応が期待できるからです。
 
また、会った瞬間から会う前の数時間に起こった出来事を話すのも楽しく会話するテクニックです。
・今日は電車が遅れて大変だった
・ここは凄い暑いですね~
・朝食を抜いたからお腹空いてます
 
つまり、女性と話すのは5W2Hが有効です。
いつ、どこで、何が、誰が、どのように、どれくらい・・・
そんな感じで会話を考えれば、楽しい内容が提供できます。
 
ムダに知識や経験をひけらかす必要はありません。
こんな事でいいの!?
びっくりする男性も多いですが、同僚や友達とする世間話程度で十分、女性と楽しい会話が成立するのです。
 



女性と話す前に「何を話すか?」決めておく

 
女性と楽しい会話をするには、その場のノリで十分対処できます。
5W2Hを意識して会話の内容を考えれば、十分でしょう。
 
しかし、多くの男性は口説きたい素敵な女性と会話するのも緊張する。
そう思ってしまう人が多いでしょう。
 
そんな時の対策は・・・
「女性と会う前に何を話すか考えておく」
これを意識しましょう。
 
お笑い芸人のように相手を笑わせたり、経済コメンテーターのように難しい専門知識をひけらかしたりする必要はありません。
 
笑や話のプロでないかぎり、初めて会った人に好感度を与えるのは難しいからです。
面白い事を言ったり、難しく知らない話をしたりすれば、一時的に好感度は上がりますが、長続きしません。
 
(ナニ言ってんの? この人?)
初めて会った人がいきなり空気の読めない会話をすれば、女性の印象が悪くなりかねません。
 
そういった意味では、女性の警戒心に引っかからない内容を準備する必要があります。
そうした意味で、さきほどの例にある質問は最適です。
 
世間話程度の話なら女性に緊張感を与えず・・・
気軽に楽しいおしゃべりがお互いに楽しめます。
 
まず、楽しい会話のために、きっかけや流れを作るのが重要です。
自然な会話の流れを男性が作ることで、女性に魅力的と思わせる事ができるのです。
 

ラビット・ペロ平の一言

いきなり会った女性に恋愛の話をする人がいます。
たしかに最終的な目的は、恋人になり、親密な関係を築くこと。
 
そうした意味では恋愛に関する話をするのは効果的に思えます。
しかし、初めて会った段階では恋愛に関する話は避けた方が無難です。
理由は女性に強い緊張感を与えるからです。
 
・どんな男性がタイプ?
・前の彼がいたのはいつ?
・付き合った人数はどれくらい?
 
かなりプライベートな内容を掘り下げるので、女性も答えにくくなります
答えにくいという事は会話が詰まり、お互いの印象が悪くなってしまうでしょう。
 
もちろん、ずっと恋愛に関する質問を避ける必要はありません。
仲良くなったと確信できれば、恋愛に関する質問も大いにありです。
 
ただ、初対面でする質問ではありません。
女性と楽しく会話するには、自然な流れで会話する下地作りが重要なのです。
その下地作りが「会話の流れ」なのです。
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする