後輩女子を口説くなら相談でアドバイスしない


後輩女子から相談されたら「自分なりの答え」を言ってはいけない!

 
こんばんは!
ラビット・ペロ平です。
 
職場やアルバイト先にいる可愛い後輩。
愛くるしい女の子を恋人にしたい気持ちは男としてわかります。
 
後輩女子にアプローチするには、「相手が相談事をしてきた時」です。
趣味でも彼氏の話でも将来の事でもかまいません。
「あなたに相談した」という事は、人間として信頼があるから。
 
「名前を憶えている同僚」から「頼りになる先輩」にランクアップしたのは
間違いありません。
 
しかし、せっかく後輩女子から相談されても・・・
(こんな人に相談するんじゃなかった!)
と思われると「振り出しに戻る」では済みません。
どうやって後輩女子の相談事を聞いてあげればいいでしょうか?
 
営業帰り上司に結果を報告する女性社員

●輩女子に相談されて「やってはいけない3か条」

 

「パソコンの調子が悪い」と相談されたら?

 
もし、あなたが知人に「パソコンの調子が悪いんだけど・・・」
相談されたらどう答えますか?
 
「それはWindows? それともマック?」
「電源がどこに入っているか教えて?」
「最近、どんな作業をした?」
 
・・・
皆さんどう答えたでしょうか?
 
基本的に男性に相談されたら、先ほどの例題にあった答えで大丈夫です。
しかし、後輩女子の場合、こういう答えをしてはいけません。
 
後輩女子を始め、女性に相談されたら「アドバイスしてはいけない」。
これが相談事で大事な1か条です。
 
パソコン不調で困っている女の子

女性が求めているのは共感

 
男性からすれば「パソコンの調子が悪いからすぐに直さないと!」
そう思ってしまいますが、女性はあまりそういう事を求めていません。
女性が求めているのは「共感」です。
 
・パソコンをやっていたら、調子が悪くなったので
「誰かに困っている気持ちを理解してほしい」
 
つまり、女性は「誰かにわかってほしい」という共感があればいいので・・・
最悪の場合、解決なんてしなくていいです。
 
もちろん、相手がアドバイスを求めるケースもあるでしょうが・・・
基本的に自分で解決します。
 
パソコンの場合は業者に頼んだり、新しいモノを買ったりするでしょう。
あなたに相談する一番の目的は「アドバイス」ではなく「共感がほしいだけ」
これが相談事で大事な2か条です。
 
ハートの形をした絨毯

後輩女子からの相談で間違えたイタい例

 
「実は家のパソコンの調子が悪くて困ってるんです」
「どんな状態? 画面は映る? キーボードから文字入力はできる?」
 
「え・・・わからないです。 止まっちゃってるみたいで」
「止まるっていうのは起動しない? それとも文字が打てない?」
 
「え~と、ちょっとわからないです。 今週までに資料を作りたかったんですけど」
「なら、早く直さないと! そういえばWindowsだっけ? Macだっけ?」
 
「使ってるのはWindowsですけど、途中までは資料作りができたんですよ」
「途中でも保存されてるかどうか・・・少なくともログインはできる?」
 
「ちょっと家でやってみますね。この資料作りけっこうがんばったんですよ。」
「ふ~ん まあ、今週中までに作らないといけない資料でもないし、まずはパソコンを直すことだね」
 
「そういう事じゃなくて・・・資料作りを家でしたかったのに・・・」
「それで、どう直す予定?」
「すみません・・・自分でやってみます」
 
この場合、「自分でやってみます」をポジティブに考えてはいけません。
せっかく相談してくれた後輩女子は二度とあなたにアドバイスを求める事はないでしょう。
 
「今回はすみません・・・」と断る女子社員

共感を得るテクニックは?

 
「パソコンの調子が悪い」って言う女性にどう共感すればいいんだ!?
そう頭を抱える女性も多いでしょう。
 
後輩女子に何かを相談され、先輩風を吹かし、アレコレと助言をしたい気持ちはわかります。
しかし、それをやった時点でゲームオーバーです。
 
後輩女子はあくまで共感がほしいだけ・・・
つまり、「話を聞いて、理解してあげればいいんです」
そのための具体的な方法が「繰り返す事」です。
 
・大変だったね
・大丈夫だった?
・がんばってるんだね
・そうだよね
・困ったね
 
男性脳では「解決策をアドバイスしないと気持ち悪い~」
そう考えてしまいますが、ここはグッと堪えましょう。
 
「パソコンの調子が悪いの? 大丈夫だった?」
「そんな状態なのに、資料作りを一生懸命だったんだね」
「困ったね? どうすればいいか・・・」
「1人でここまでやるなんて、偉いよ!」
 
こんな風に共感する内容を後輩女子に相談されたら返しましょう。
つまり、共感するとは・・・
 
「相手の話を聞き、繰り返す」だけでも効果があります。
これが3か条の最後です。
 
片方はイヤホンジャック、もう片方はlightning

ラビット・ペロ平の一言

 
もちろん、後輩女子が先輩である貴方に意見を求める事もあります。
その時は共感だけでなく、ビジネスマンの先輩である貴方なりのアドバイスが必要です。
 
「●●なんですけど、先輩はどう考えていますか?」
こう言われたら、具体的なアドバイスをしてあげましょう。
 
何事も臨機応変な対応が必要です。
まずは、後輩女子が何を求めているか?
会話の中で気づいてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする