LINEコミュニケーションでモテる男は何を話すの?


なぜLINEで既読無視されるの?

 
こんにちは!
ラビット・ペロ平です。
 
合コンやナンパでLINEを交換したのに、なかなか関係が発展しない。
もしかしたら、「嫌われるLINEパターン」をしていませんか?
 
せっかく「恋人が欲しい」という熱意があるのに、メッセージで損をするのは
非常にもったいない!
 
LINE交換ができたら、少しずつでも気になる女の子とメッセージのやり取りをして
恋愛関係に発展させればいいのです。
大切なのは相手に嫌われない事。
 
どんなLINEをすれば相手に嫌悪感を抱かれず、逆に好意的になってくのでしょう?
そんな人に「LINEで女の子に好かれるパターン」の代表を紹介していきます。
 
モテる男のLINEはなぜ既読無視されないのか?
その答えがわかるはずです。
 
ハート形のプレゼントを持った女の子

「モテる男のLINE」はどんな内容を話すの?

 最初に「大丈夫?」と確認する男はモテる

 
あなたが仕事や趣味で忙しい時間を過ごしていた時・・・
近くにあったスマホにLINEで来た事を告げる音楽が・・・
 
この忙しい時に誰がLINEしたんだ?
テンパりながらも、スマホを広げてみてみると・・・友達が送った下らないスタンプでした♪
 
これは友達なら笑い話になりますが、男女の関係だと信頼にヒビが入る事もあります。
LINEでコミュニケーションを取るときに、都合を考えずにメッセージのやり取りする。
こうした男性が多いのも事実なのです。
 
LINEは多くの人がダウンロードしている気軽なアプリ。
だからこそ、相手の都合も考えずにメッセージやスタンプを送りつける人がいます。
 
送る相手の状況が見えないので仕方がない部分もありますが・・・
何度もLINEのすれ違いが進めば、関係が発展する事はないでしょう。
 
そんな時はLINEをする前に「今からLINEで話しても大丈夫?」
一言添える配所が欲しいです。
 
もちろん、毎回女性の許可を取る必要はありませんが・・・
自分の都合しか考えずにやり取りする男性より印象はぐっとよくなります。
 
初々しい新卒女性

好きな趣味や行ったみたい事で盛り上がる!

 
あなたの友達は最初どんな事を話し、友人関係になりましたか?
学生時代を振り返ってみると・・・
好きな事・・・趣味やテレビ番組、流行りモノで盛り上がったでしょう。
 
自分と相手の趣味や嗜好が同じなのは話が盛り上がり、急速に関係も進んでいきます。
人間やっぱり考えが近い人と一緒にいたいですよね。
これは男女の関係も同じです。
LINEで好意を抱かれるのも好きな事や趣味、行ってみたいお店の話題で盛り上がるのが
定番です。
 
もちろん、必ずしも好きになった女性の趣味や嗜好が一致するとは限りません。
まずはLINEで女性の興味がある事や趣味、ハマっている事を質問してみるといいでしょう。
 
刑事ドラマの尋問のように質問ばかりするのは女性に嫌われます。
ただ、適度な範囲で自分に関心を持ってもらうのは女性に関係なく嬉しいもの。
 
友達は何人いてもいいですし、好きな話題で盛り上がるのはお互いに楽しい。
女性によってはコスプレや鉄道など周りに一緒に楽しめないマイナーな趣味を持っている人も珍しくありません。
 
自分に共感してくれた・・・
たったこれだけでも心の距離は一気に縮まります。
 
ヴァイオリンを演奏中の女性

相談や愚痴にすぐに対応する

 
LINEを一度でも使った人はわかりますが、長文には向かないアプリです。
相手が気軽に読んでくれるのは数行程度。
 
ビジネスメールのような長い文章を書くには向きません。
カウンセラーに相談するような「長い話」をLINEで書くことは向きません。
 
しかし、生活の中のちょっとした悩みや愚痴はLINEは便利な存在です。
メッセージのやり取りをして、女性と仲良くなればすぐに実践しましょう。
 
「大学のレポートがなかなかできない・・・」
「新しいアルバイトに慣れない」
「社会人になったけど、5月病になりそう」
 
困っていたり、相談したりしたい時に話を聞いてくれる相手がいる。
これは大人になればなるほど嬉しいもの。
 
もし、世間話のメッセージをして悩んでいる雰囲気を感じたら・・・
「どうかした?」
「何かあったの?」
程度のメッセージを送ってみるのもいいでしょう。
 
そこから男性の気持ちも考えず、マシンガントークや一方的なメッセージを送る女性は遠慮したいですが・・・
普通はLINE特有のぽつぽつとした相談メールが来るはずです。
 
好きな人がせっかく見せてくえた「弱い自分」です。
男性なら大きな心で受け止めてあげましょう。
 
悩みや相談事はチャンスでもあります。
メッセージが盛り上がれば、「次はLINE通話で!」という返しができるからです。
 
チャンスを逃して放心状態の女性

ラビット・ペロ平の一言

 
メッセージだけでなく、通話も無料のLINEアプリ。
恋愛を発展させる上で重要なアイテムツールになっています。
 
気軽だからと相手を考えない使い方をすればLINEで距離を縮める事はできません。
送る時間は遅くないか?
 
内容が不愉快にさせるモノではないのか?
送り前に読み上げたり、数分間時間を置いたりすれば冷静にLINEメッセージを
チェックできます。
 
大切なのはLINEを送る回数ではなく、LINEを送り好印象に近づく事です。
これを忘れないように行動しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする