異性と緊張せず会話する基本的な事


男同士だと上手く話せるのに、女の子の前だと緊張しちゃう君に!

 
こんばんは!
ラビット・ペロ平です。
 
女の子と楽しく話をしたいのに、いざ目の前にいると何を話せばいいのかわからない。
緊張して口と舌がうまく回らない。
そんな苦い経験をした男性も多いでしょう。
 
(男同士なら仕事や趣味の話で盛り上がるのに・・・)
(無口というわけではないのに、人見知りが激しい)
 
友達同士ならいざ知らず・・・
始めて会話するなら女の子のほうもかなり緊張しています。
緊張を解し、楽しい会話を提供しないと口説くのは難しいでしょう。
 
今回は「女の子と緊張せず話をする恋愛テクニック」。
基本的なモノを紹介していきます。
 
初デート、ちょっと緊張しながらカフェでお茶してます

異性と緊張せず話をするベースは何?

 

「相手の事を知りたい」という気持ちが大事

 
そもそもどうしてアナタは女の子の前で緊張してしまうのか?
答えは「カッコつけたい!」という気持ちがあるからです。
 
・楽しいトークで笑った顔が見たい!
・面白いジョークを言って注目されない
 
こうした心の奥にある見栄や虚栄心が緊張の根源です。
もちろん、男性ですから好きな女の子の前でカッコいい姿を見せたい。
その気持ちを持つ事は悪い事ではありません。
 
しかし、自分をよく見せようとすればするほど空回りし、自慢話ばかりになってしまうモノ。
異性と会話に慣れていない男性なら猶更でしょう。
 
女の子と話すのに緊張してしまうのは「自分をよく見せようと必死になる」。
これが挙げられます。
 
まずはカッコよく見せようとするのではなく、「相手の事を知りたい!」
その気持ちを強く持つようにしましょう。
 
相手が何を考えて、どんな事をすれば喜んでくれるのか?
目の前の女の子が話す事に注目すれば、冷静に話を聞き、アナタ自身の話も緊張せず
にできるはずです。
 
屋根裏にゃんこ

沈黙は悪い事ではない

 
女の子と話していて緊張がピークに達するのは「お互いに何も話せない沈黙の時」。
それが該当するのではないでしょうか?
 
「好きな食べ物はなんですか?」
「バスタ全般が好きです。」
「へぇ・・・そうなんですね・・・」
「・・・」
 
一度なってしまった沈黙に恐怖して会話がまったく浮かばない。
そんな沈黙恐怖症の男性も多いでしょう。
 
まず、沈黙が悪いわけではありません。
お互いに途切れなく楽しい会話のやりとりができる・・・
それはもう友達や恋人のレベルです。
 
ふと訪れる沈黙の状況・・・
仕事をしていてあまり話した事がない取引先で沈黙が訪れる。
沈黙事態は珍しい事ではないはずです。
 
つまり、初対面に近い女性と話した場合、沈黙は必ず訪れる。
そう割り切って考えるようにしましょう。
 
沈黙したからといって、全てが終わりになるわけではありません。
ダメなのは沈黙が訪れたからと言って・・・慌てて沈黙を破ろうとテンパってしまう姿。
その情けない姿を女性に見せるほうがマイナスイメージです。
 
沈黙になってしまったら・・・数秒間、心の中でカウントし・・・
「今・・・なんた変な間がありましたよね(笑)」
そんな風に沈黙を新しい会話ネタに利用すればいいのです。
 
沈黙は当たり前に訪れる。
そうすれば緊張も解れるはずです。
 
言わ猿

自信をもって話しをする

 
会話をして、相手を楽しませたり、説得させたりするのは内容も大切ですが・・・
「自信がどれだけあるか?」
この部分も大切な要素です。
 
学歴がない・・・太っている・・・童貞である点・・
異性と話すのが苦手な人はコンプレックスが強い人が多く、自信がない人が多いです。
 
(今から話す事を言ったら・・・相手にどう思われるのか?)
(否定されたり、怒られたり、幻滅されたりしたら・・・どうしよう・・・)
「相手がどう思うか」を気にして言葉にならない。
そんな経験がある人も多いでしょう。
 
女性と楽しい会話をする上で自信は大切です。
自信を持つことができれば、肩の力を入れず、リラックスした状態で話ができます。
 
傲慢な態度で話をするのは良くないですが・・・
もし、どうしても自信が持てないなら根拠のない傲慢な理由を探すのも手でしょう。
 
ハート形のプレゼントを持った女の子

目の前の女性と話すが「楽しい」と思う

 
アナタがどんなに会話に自信がなく、コンプレックスの塊でも・・・
目の前の女の子と話すのが楽しくて仕方がない。
そう思えば、相手にそれが伝わり、緊張を解すことができます。
 
アナタはホストでもカウンセラーでもありません。
ただ、目の前の女の子と仲良くしたいと思い、声をかけたはずです。
 
「この人と話すだけでも楽しくて仕方がないんだ!」
そう思うだけでも大分違います。
 
ガチガチに緊張し、雰囲気を盛り上げないといけない。
必要以上の気遣いは、相手に伝わり、お互いの緊張を高めます。
 
そんな事より相手を楽しませ、自分も楽しまないと良い雰囲気はできません。
楽しい事・・・
そう思うだけで雰囲気はだいぶ解れるはずです。
 
クラゲモンタージュ
 

ラビット・ペロ平の一言

女の子と緊張せずに、会話するには数をこなす必要があります。
知識だけを得て満足するのではなく、自分から足を運び、声をかけましょう。
 
ナンパは難しいでしょうから職場の同僚女子に世間話をする。
これくらいから始めるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする